加圧トレーニングにもメリット・デメリットがあります!

加圧トレーニングにもメリット・デメリットがあります!

お酒は百薬の長と言われていますが、適量のお酒を飲むことはストレスの解消や食欲増進の効果が得られると昔から言われている言葉です。

私が思うには運動は百薬の長では無いかと思いますし、運動することによって健康が維持できて寿命が延びるのではないかと思います。

お酒を飲むことや運動することにもそれぞれのメリットやデメリットが必ずあることですが昨今、人気のトレーニングとして加圧トレーニングがあります。

加圧トレーニングにも方法によってはメリット・デメリットがありますので始める前に確認してから行うことが重要だと考えます。

基本的には専門の指導者に指導を仰ぎながら行うトレーニングですので、低負荷で高回数の運動を行うことで「筋力アップ」・「血行促進」・「ダイエット効果」・「回復力のアップ」・「肩こり・冷え症の改善」と多くのメリットがあります。

最近では正規品のベルトが販売されて自宅でも加圧トレーニングを行うことが可能ですが、説明書を良く読むことと身体に及ぼすことがあるデメリットを認識して行うことが事故を起こさない方法だと思います。

器具を使用したトレーニングにも使用方法を確認しないと怪我や身体に多大の負荷をかけてしまうことが考えられます。

体を起こす腹筋でしたら付かれて起き上がれなくなるだけですが、負荷をかけるトレーニングには充分注意が必要だと思います。

近年、脚光を浴びている加圧トレーニングはメリットの多いトレーニングとされていますが、腕や足の付け根をバンドで締めて血流を調整して行う運動ですのでデメリットも存在します。

加圧トレーニングは一般のトレーニング方法と比べて、専門の指導者と適正な器具を使用してのメニューが必要になります。

不適切な方法で行うと血管を締め付けることで効果を上げるトレーニングですので高い圧力をかけて長時間トレーニングを行うことで痺れや皮下出血、静脈血栓が発祥することがあります。

加圧トレーニングを行うことを検討している方は専門の指導者がいる施設を利用することをお勧めします。

メリットがたくさんの加圧トレーニングですが間違った方法でのトレーニングは決して行わないことが危険や事故を防ぐことになります。