どのような効果がありますか?加圧トレーニングには

どのような効果がありますか?加圧トレーニングには

トレーニングは体や筋肉に負荷をかけることによって効果が上がりますが、負荷をかけることは方法によっては逆効果になることが考えられます。

若いときならできるトレーニングでも加齢と共にできなくなってしまうのではないでしょうか。

負担をかけないトレーニングとして加圧トレーニングが若人から高齢の方まで行われていますが、加圧トレーニングの方法はどのようにして行うのでしょうか。

基本的には低負荷で高回数を行うことで効果が得られるトレーニングですが、理由としてはトレーニングによって乳酸をたくさん発生するのに最も効果的なのは低負荷・高回数の運動を行うことだと言われています。

普段運動していない方が運動会などで走りますと翌日は乳酸菌が溜まって筋肉痛になったことを経験されたことがあると思います。

加圧トレーニングは低負荷で高回数の運動とインターバルを短めにすることで、腕がパンパンの状態でベルトを解放することによって効果が期待できるようです。

1日15分から20分程度のトレーニングを続けることによって筋肉で一回り太く体が期待できると思いますよ。

私も平日会員でフィットネスクラブに通ったことがありましたが、平日ですと仕事が忙しくなるとクラブに通う時間が無くなってきまして退会した経験があります。

平日会員は会費が割安なことが魅力でしたし、継続することで体力が維持できたことは実感しています。

自宅でできる運動では腹筋やダンベルなどを利用することが可能ですが狭い部屋では専門的な器具を置くことは難しいと思います。

最近では加圧トレーニングが人気になっていますが、ベルトで腕や足の付け根を専用ベルトで縛って加圧するトレーニングが低負荷で行うことができます。

加圧トレーニングは専門のトレーナーの指導が必要とされていましたが器具の改善と指導方法の確立によって自宅でもトレーニングができる器具がDVD付きで販売されています。

腕用2本・足用2本と4本セットで価格は2万円前後と種類によって価格は色々ありますが、インターネットを利用して購入できますので確認してみて下さい。

私も体力維持と肩こり解消を目的に加圧トレーニングに使用するベルトの購入を検討していますが、継続できるかチョット心配です。